老犬ホームあん|総合ケアハウスの日常

老犬ホームあん|認知症のサイン

好天が続いています。

今日もお客様で賑わいました。

あんの子達、秋を満喫中!!

昨日は日中はクーラー、朝晩は暖房^^

まだまだ日中は暑いです。

生後数か月のパピーから18歳を超えるワンコまでが穏やかに過ごしています。

年齢の幅も犬種も様々、経験からいろんなことを学んでいます。

これからやりたい事、たくさんあります。

絶対やらないと決めていること、生体販売。

値段をつける、お金と引き換えで、というのがどうしても無理。

もし我が家のワンコが出産したと考えて、「売る」という発想は出ません。

まだまだ保護犬ちゃんが沢山います。

命のタイムリミットのある子が沢山います。

犬を買うことが悪いとは思いません、ただ色んな選択肢があります。

保護犬を迎えるという選択肢が当たり前の社会にならないと。

保護犬ちゃんのアピールをどんどんしていくことが有効です^^

保護犬ちゃんネットワーク!!

ワンコ達^^

シニア犬の認知症、ちょっとした変化から始まります。

症状のサイン、気づかないことが多く見逃してしまいます。

受け入れたくない気持ちもあって、、、

先日来てくれた柴犬ヤマトの飼い主様、ちょっとした変化に気づかれています。

すごいなと思いました。

普段の行動はこれまでと変わりなくても少しづつ進行している場合があります。

認知症を認めたくない、では適切なケアが出来ません。

希望ではなく現実に目を向けることが大切。

ありがとうございました。