老犬ホームあん|総合ケアハウスの日常

老犬ホームあん|悲しい事

毎年こんなに蒸し暑かったかな?と思う日々。

自然が相手仕方ありません。

体調を崩している子、昨日今日と病院に。

心配な状態です。

しっかり検査を、半日 病院に。

その後 新人さんのお迎えに行きました。

明日もお迎えに行きます。

緊急性のあるワンコ達、急遽お迎え決定。

市職員が保護された子猫を公園に放ったと。

センターに行くと殺処分されると思ったようです。

市職員の認識不足が招いた事例。

ほとんどの人が眉を顰める「殺処分」がなぜなくならないのか。

ある自治体では譲渡条件が厳しすぎて殺処分ゼロに達成しないと、、、

本末転倒、高校生以下の子供がいる家庭はダメ、一軒家じゃないとダメ、年収はいくら以上じゃないとダメ、多頭飼育はダメ、、、、

そして担当者レベルで基準も変わると、、、

このようなセンターでの生活では野犬の子達は人慣れできません。

人からの愛情不足、人とのコミニケーション不足です。

先日来てくれた保護犬ちゃん達、自治体の担当者さん方がすごく頑張ってくれていたことがわかります。

連携して保護活動を行っている自治体の職員さん達は本当に一生懸命です!!

保護されたところの違いで明暗がくっきり表れます。

悲しい事です。

ワンコ達^^